『すぐに使える』と『ずっと安心』を同時に実現するテレワークサービス
splashtop ✕ s-WorkSquare

コロナ禍で一変したリモートワークのニーズにお悩みではないですか?

 その悩みをドコモ・システムズの「splashtop✕s-WorkSquare」のハイブリッドパックがお応えいたします。
 リモートデスクトップと仮想デスクトップの【いいとこ取り】でリモートワークの悩みを即解決。

 いままでのモバイルワーカーを中心に構築されてきたリモートワーク環境は、新型コロナの流行後に大きく変わりました。
 急な在宅勤務の推進により従業員が使う"リモートワーク用PCの不足"、外出先からの社内アクセスへの"VPNセッション数の枯渇"など、想定していない業務環境の変化にリモートワーク設備が不足し増設が必要になりました。

 このようなリモートワークの喫緊な課題を解決するためにドコモ・システムズは、2つのサービスによるハイブリッドパックを提案します。

 リモートデスクトップによる「splashtop」。
 お客様がお使いの環境をそのままに即日に導入が可能です。
 コロナ禍においてリモートワーク環境を早期に構築したいというニーズに応え、リモートサポート、スケジュール管理の機能を大幅に強化。リモートワークを即日開始できます。

 次に、仮想デスクトップを用いた「s-WorkSquare」。
 サーバへの集約・アウトソーシング管理 による「運用管理の効率化」や「コストの低減」を通じ、お客さまの負担を軽減しつつ、「セキュリティ対策の一元化」を実現するリモートワーク環境を提供します。

よくある質問

● 今すぐテレワークを始めたいのですが、導入までにどの程度期間がかかりますか?

 リモートデスクトップ「splashtop」の無償トライアルにより即日テレワーク環境を開始することが可能です。
 仮想デスクトップ「s-WorkSquare」の導入には、システム構築が必要となり最長で3ヶ月程度の期間となります。

● リモートデスクトップと仮想デスクトップを組合せて利用できますか?また、割合はどのように決定したらよいですか?

 まずは「splashtop」無償トライアルにより実際のテレワークをご体験ください。
 同時にお客さまの組織やチームの実情をヒアリングさせていただき、ドコモ・システムズよりリモートデスクトップと仮想デスクトップの最適な組み合わせを提案いたします。

● リモートデスクトップと仮想デスクトップの違いはなんですか?

 リモートデスクトップは、現在利用しているパソコンに対して外出先からアクセスする"画面転送"型のサービスです。
 仮想デスクトップは「クラウド上に用意した仮想のパソコン」に対し、パソコンやタブレットなどの様々なデバイスからアクセスするサービスです。

● リモートデスクトップを利用していますが乗せ換え(移行)は可能でしょうか?

 可能です。
 お客さまがお使いのリモートデスクトップ製品と機能や運用コストを比較の上、「splashtop」「s-WorkSquare」を提案いたします。